かかりつけ医の持ち方

枚方市医師会が考える「かかりつけ医」

患者さんの身近にあり、いつでも病気の相談を受け、そして丁寧に正確に病状を説明し、また必要なときにはふさわしい医療機関を紹介するなどの役割を担っています。

「かかりつけ医」を持つことは、その医師と長年にわたる信頼関係を培うことであり、いざという時に的確な診察と円滑な治療が期待できます。まずは身近で「かかりつけ医」を持ちましょう。

枚方市医師会が考える「かかりつけ医」

かかりつけ医とは

患者さんやご家族が、身近で気軽に日常的な治療及び健康管理について相談できるお医者さんです。

かかりつけ医の役割とメリット

日常生活に密着した診療を行い、患者さんの初期医療を行います。
日頃から診察してもらっていて病歴や体質をよく知っているので、スムーズに相談や治療ができます。
高度な診療、検査等が必要と判断した場合は紹介状(診療情報提供書)を作成してくれます。

かかりつけ医の役割とメリット

かかりつけ医の診療情報書を持参して診療すると、スムーズに専門医や病院を受診することができます。

かかりつけ医の選ぶポイント

  • 職場や家の近くである。
  • 患者の話をしっかり聞いてくれて、気軽に相談しやすい。
  • 病気・治療・薬などについてわかりやすく説明してくれる。
  • 必要に応じて適切な専門医や病院を紹介してくれる。

介護保険とかかりつけ医

介護保険は保険料を納めて40歳以上で介護が必要になったときに利用できるサービスです。
医師の指示が必要なこともあります。
かかりつけ医は介護が必要になったときも病気の診察や日常生活のアドバイスなどをしてくれます。
かかりつけ医は、介護サービスを利用するための「要介護・要支援の認定」に重要な役割をはたす書類(主治医意見書)の作成をしています。

各種ご案内

地域のみなさまへ

季節のお知らせ

インフルエンザや花粉情報、PM2.5情報など

健康医療都市ひらかた

市民公開講座や健康・医療・福祉フェスティバルなど

介護保険の申請方法

まずは要介護・要支援認定を受ける必要があります

認知症に関して

「認知症かな」と思ったときの相談先は・・・

かかりつけ医の持ち方

健康相談ができる身近なお医者を持ちましょう

予防接種について

お子さま及び高齢者の各種予防接種について

乳幼児健康診断

対象者は受診月の前月に個人通知されます

健康メモ

『広報ひらかた』より健康メモを抜粋しております

モバイル端末からの閲覧

携帯電話等でQRコードを読み取ると、枚方市医師会のサイトへアクセスできます。

  • 新規開業をお考えの先生へ
  • 会員専用ページへ