介護保険の申請方法

介護認定の手順について

介護保険を使ってサービスを受けるためには、「要介護・要支援認定」の申請が必要です。もしも、介護や支援が必要になったら、まずは認定の手続きから始めましょう。

・介護保険サービスを利用するには(要介護認定)[枚方市HP]
https://www.city.hirakata.osaka.jp/kourei/0000017823.html

介護認定の手順

サービスを受けられる人

日常生活に不安があり、介護や支援が必要な65歳以上の方、また、40歳以上65歳未満の方でも老化が原因とされる病気(特定疾病)の方は介護サービスを受けることができます。

申請は本人または家族のほか、居宅介護支援事業者や介護保険施設、高齢者サポートセンター(地域包括支援センター)などに代行してもらうこともできます。また郵送でも受け付けていますので、詳しくは介護保険課までお問い合わせください。

要介護認定の手続きの流れ

※赤字下線箇所をクリックすると、帳票のサンプルや該当ページをご覧いただくことができます。

申請

市役所高齢社会室窓口で申請(代理人でも可能)
申請には、介護保険被保険者証が必要です。40~64歳までの方(第2号被保険者)が申請を行う場合は、医療保険証が必要です。

かかりつけ医で
受診

「かかりつけ医」の診察を受ける
申請時に窓口で受け取った、主治医意見書用「問診票」を持参の上、かかりつけ医(普段からかかっている身近な医師)の診察を受けてください。診察と書類記入があるため時間がかかることがあります。事前に申請した旨をかかりつけ医に報告するようにしてください。
主治医がいない場合は、地域包括支援センターで最寄りの相談できる医師を紹介いたします。
申請後の市役所の動き
【介護認定調査】
介護調査員が自宅を訪問し、介護認定調査を行い調査票を作成します。
【主治医意見書】
市役所からかかりつけ医へ「主治医意見書」を送付、提出を依頼します。
【審査判定】
「調査票」と「主治医意見書」をもとに、介護認定審査会で介護認定審査を行います。

結果報告

市役所から各人へ結果が届く
「要支援」1・2と「要介護」1~5までの7段階と「非該当」に分けられます。
「非該当」の方でも、市の介護予防事業(地域支援事業)を利用できる可能性があります。詳しくは、地域包括ケア推進課へお問い合わせください。

ケアプラン作成

利用者に一番適切と思われるケアプランを作成
介護(介護予防)サービスを利用するには、介護(介護予防)サービス計画書(ケアプラン)の作成が必要です。

■要支援1・2の方は地域包括支援センターへ依頼
■要介護1~5の方は居宅介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)へ依頼

作成事業者は利用者の希望と、家族の希望を踏まえ、ケアプランを作成します。

サービス開始

ケアプランを基にサービス開始
ケアプランに基づいた、さまざまなサービスが利用できます。

≪介護保険で利用できるサービスの種類と内容≫
・公表されている介護サービスについて[厚生労働省]
https://www.kaigokensaku.mhlw.go.jp/publish/

申請に必要なもの

申請には、第1号被保険者の場合は「介護保険被保険者証」が、40歳から64歳までの第2号被保険者の場合は「医療保険証」の提示を求められます。
本人や家族以外の方が申請する場合は「申請者の印鑑」が必要です。

枚方市で必要なものは「」を記載しています。
要介護・要支援認定申請書 役所・役場の窓口に設置
※インターネットからダウンロードし、あらかじめ記入して持参することも可能
介護保険被保険者証 第1号被保険者(65歳以上)は必要
健康保険被保険者証 第2号被保険者(40~64歳)の場合のみ必要
印鑑 本人・家族以外の方(ケアマネジャーなど)が申請する場合は「申請者の印鑑」が必要
マイナンバーが確認できるもの マイナンバーカードまたは通知カード
※通知カードの場合は別途運転免許証等の身分証明書の提示が必要
申請者の身元が確認できるもの 運転免許証、身体障害者手帳、介護支援専門員証(代理人の場合)など
主治医の情報が確認できるもの 診察券など
※申請書に主治医の氏名等、医療機関情報の記載が必要なため
代理権が確認できるもの 委任状など
※本人・家族以外の方(ケアマネジャーなど)が申請する場合
代理人の身元が確認できるもの ※本人・家族以外の方(ケアマネジャーなど)が申請する場合

認定の有効期間

■新規・変更申請:原則6ヵ月(状態に応じ3~12ヵ月まで設定)
■更新申請:原則12ヵ月(状態に応じ3~24か月まで設定)

※有効期間を過ぎるとサービスが利用できないため、満了までに更新申請が必要です。
※身体の状態が変わった際は、有効期間の途中でも変更申請ができます。

利用者負担

サービスを利用したときは、実際にかかった費用の一部を負担します。負担する金額は「利用者負担の割合」で決まります。

介護保険負担割合証の「利用者負担の割合」の欄に記載されている「1割」・「2割」または「3割」が利用者負担割合になります。介護保険のサービスを受けるときにサービス事業者に介護保険負担割合証を提示することで、サービス事業者は利用者の負担割合を確認します。

負担割合は個人ごとに決まるので、同じ世帯に2人以上の介護保険サービス利用者がいた場合、それぞれ利用者負担の割合が異なる場合があります。

≪詳細については枚方市ホームページへ≫
・介護保険サービスの利用と利用者の負担[枚方市HP]
https://www.city.hirakata.osaka.jp/kourei/0000022823.html

各種ご案内

地域のみなさまへ

健康メモ

『広報ひらかた』より健康メモを抜粋しております

介護保険の申請方法

まずは要介護・要支援認定を受ける必要があります

認知症に関して

「認知症かな」と思ったときの相談先は・・・

かかりつけ医の持ち方

健康相談ができる身近なお医者を持ちましょう

健康医療都市ひらかた

市民公開講座や健康・医療・福祉フェスティバルなど

予防接種について

お子さま及び高齢者の各種予防接種について

乳幼児健康診断

対象者は受診月の前月に個人通知されます

季節のお知らせ

インフルエンザや花粉情報、PM2.5情報など

モバイル端末からの閲覧

携帯電話等でQRコードを読み取ると、枚方市医師会のサイトへアクセスできます。

  • 新規開業をお考えの先生へ
  • 会員専用ページへ